高校生で包茎はヤバい?将来に向けた対策を紹介する。

修学旅行や温泉で同級生のズル剥けの息子を見て、衝撃を受けた人も多いと思います。

僕もそうでした。

いつしか、「俺のチ○コは、このまま皮を被ったままなのかな・・・?」という先の見えない不安で悩む時間が増えていきます。

皮を被っているチ○コの独特の見た目、強烈な臭い。

皮を被ったままだと、将来、行為に及ぶときに女性から嫌われてしまう可能性もあります。

この記事では、いくつかある包茎の種類を紹介した上で「どの種類の包茎がヤバいのか」、「ヤバい包茎を治すためには何をしたら良いのか」について解説していきます。

そもそも、包茎って?

包茎と言っても、大きく分けて3つの種類があります。1つずつ解説していきます。

仮性包茎

このタイプは、包茎の中で一番多いものです。

普段は亀頭が皮で覆われていますが、勃起時には皮が剥けて亀頭が皮から出てきます。
普段は皮で覆われているため、不衛生になりやすくて刺激に敏感なので、セッ○スの際に早漏になってしまうといった問題があります。

カントン包茎

通常の状態でも手で皮を剥いて亀頭部を皮から出すことは可能なものの、亀頭先端部の皮の狭くなっているため、皮を完全に剥くことが出来なかったり、剥いた状態にすると痛みや締め付け感を感じます。

長時間放置してしまうと、ひどい場合は亀頭の細胞が壊死してしまう可能性もあります。

正常なセッ○スを行うことができません。

真性包茎

亀頭の露出が、勃起時・非勃起時に関わらず全く不可能な状態が真性包茎の特徴です。
亀頭先端部の皮が狭くなっているため、皮を剥くことができません。

正常なセッ○スができないばかりか、ひどくなると排尿時にも支障が出るようになります。

高校生で包茎はヤバいのか?

仮性包茎は心配しないで大丈夫です!

大学生の間に息子が物理的に成長することで自然に治る可能性が高いからです。

高校生まで仮性包茎だったものの、大学生の間に自然とズル剥けになった友人が何人もいます。

しかし、真性包茎とカントン包茎については「ヤバい」です。

何が「ヤバい」のか。

真性包茎やカントン包茎だと亀頭が皮に隠れて露出できないため、非常に不衛生になりやすく、恥垢が溜まって強烈な悪臭を放つようになることです。更に悪化して菌が増殖すると性病になってしまいます。

また、将来的には性行為を正常にできなくなってしまい、大きなコンプレックスの原因にもなります。

だからこそ、「包茎を治すために、できることは何でもやる」ことが重要になります。

今日からできる!高校生で包茎(特に真性包茎)の人がやるべき対策

高校生で包茎の人がやるべき対策は非常にシンプルです。毎日、以下のことを継続してください。

特に仮性包茎の人は、以下のことを継続すれば自然と剥ける可能性が高いです。

剥き癖をつける

毎日、少しずつでも皮を剥く習慣をつけてください。

包皮口を伸ばす

皮の先端部分の「入り口」を伸ばして拡大する習慣をつけてください。

毎日継続すると、少しずつ「入り口」が拡大していきます。

包皮を広げた状態をキープする

皮の先端部分の「入り口」を伸ばして拡大したら、拡大した状態を少しでも長くキープしてみましょう。毎日継続すると、拡大した状態が自然とキープできます。

皮オナニーをしない

皮オナニーをしてしまうと、皮が伸びてしまい、亀が皮に包まれた状態をキープすることになってしまいます。将来のことを考えて、皮オナニーは絶対やらないようにしてください。

真性包茎の場合、「包皮口を伸ばす」・「包皮を広げた状態をキープする」という習慣をつける為にキトー君という器具を使うのが一番簡単です。詳細は記事の最後で解説します。

キトー君の正規販売サイトはこちら↓(PR広告)



高校生で真性包茎だと、自然に剥けることは期待できない

ごくまれに上記を継続すると自然と剥ける真性包茎やカントン包茎の人はいます。

しかし、残念なことに高校生の時点で真性包茎やカントン包茎だと自然に剥ける可能性は非常に低いです。

だからこそ、勇気を出して高校生の間に病院で手術することが、女性の面でも充実した大学生活に繋がります。

勇気を出して真性包茎の治療をすると将来が変わる

正直、大学生になっても彼女ができないと絶望します。周りの友人ほとんどが彼女持ちになっているからです。

友人からノロけ話を聞かされても、具体的な卒業エピソードを聞かされても、自分には経験がないので愛想笑いを浮かべることしかできない。

こんな大学生活、悲惨ですよね。

僕の友人で社会人になってから手術を受けたイケメンがいますが、「もっと早く手術を受ければ良かった。」と今でも言っています。

僕の友人のエピソードは「包茎卒業は童貞卒業への第一歩!社会人まで童貞で包茎だったイケメンが手術したら「とんでもない遊び人」になった話。」で詳しく紹介しているので、興味のある人は読んでみてください。

父親でも母親でも、どちらでも良いので真剣に悩んでいることを相談して、まずはクリニックで無料カウンセリングを受けてみましょう。

せっかくなら、24時間電話相談対応をしているクリニックがオススメです。

手術直後、夜中に痛みが出ても24時間対応のクリニックでないと電話相談できないからです。

24時間電話相談対応をしているクリニックの無料カウンセリング予約はこちらから↓(PR広告)



真性包茎は治したいけど、手術は怖い高校生へ。まずは自分で治すことにトライしよう。

「手術が包茎解決の一番の方法であることは分かったけど、やっぱり自分の体にメスを入れるのは怖い。親に相談するのも恥ずかしい。まだ高校生だし。できるなら、自力でどうにか改善できないかトライしてみたい。

こんな風に思っている人に朗報です。

時間をかけて自分で真性包茎を治療する器具「キトー君」を使ってみて下さい。

21年間の販売実績があるので、トライする価値は十分にあります。

キトー君で真性包茎の改善をトライして、それでもダメだったら手術を受けることにしても遅くありません。(しかもキトー君の購入プランには手術代金2万円保証が付くプランもあります。)

また、郵便局で商品の受け取りと代金の支払いができるので家族に知られる心配もありません。

キトー君の詳しい購入方法については「キトー君の一番お得で安心な買い方は?正規販売サイトと他サイトの比較や具体的な注文方法」で解説しているので参考にしてみて下さい。

キトー君の購入はこちら↓(PR広告)


ちなみに、現役ピンサロ嬢(ピンサロという種類の風俗に勤務する風俗嬢)に真性包茎に関するインタビューをした記事を「真性包茎でもピンサロに行って大丈夫?ピンサロ嬢に直接聞いてみた。」で公開しています。

結論としては、ピンサロ嬢も真性包茎の客を良くは思っていないみたいですので包茎の早期治療をオススメしています。大学生や社会人にもなって風俗嬢にすら嫌悪感を抱かれるのは嫌ですよね。

ピンサロ嬢が真性包茎にどのような嫌悪感を抱いているのかに興味のある方は「真性包茎でもピンサロに行って大丈夫?ピンサロ嬢に直接聞いてみた。」を読んでみて下さい。

皆さんが充実した大学生活を送れるようになることを心から祈っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする